branch2 branch3

2018年10月 大分ブランチ・大分開発センターを開設

プロディジの開発力強化と共に、大分県や大分市の経済発展及び雇用増進の一助となるよう開設いたしました。
「大分ではVRの業務ができる会社がない」 「最先端技術で開発するなら大都市に行く方がいい」
就職希望者からそんな不安な思いをたびたび聞くことがありますが、もうそんな不安はなくなります。
独自の案件はもちろん、秋葉原本社との連携で最先端の案件に取り組むことが可能です。

特に、大分ブランチでは大分の観光や食文化を広めるためのeコマースやツーリズムに注力しております。

大分ブランチ概要

                                            
ブランチ 大分開発センター
所在地 〒870-0036 大分県大分市寿町11-2 第3大成ビル202号室
連絡先
[e-mail]
oita@prodigy-inc.co.jp
開設 平成30年10月
取引先 株式会社オーイーシー / 株式会社ザイナス / 株式会社ネクストワン  他(50音順・敬称略)
登録団体 公益社団法人ツーリズムおおいた
大分県情報サービス産業協会
https://eatnippon.shop
↑↑画像をクリックするとサイトへ移動します↑↑

おいしい日本を世界へ

プロディジ大分ブランチはお米の販売を開始しました。
大分では、Eコマースで地の事業主に貢献すべく、事業主とタッグを組んで、生産以外は全て自社で立ち上げ販売運営を始めました。
自分で毎日食べている米を、田植えから稲刈りまで生産にコミットし、冷蔵庫に保管し、ECサイトを開発し、国内外へ販売・発送しています。
【Eatnippon/イートニッポン】は、日本の食を世界へ伝えるサイトとして、まずは大分の米からスタートしました。
プロディジは、大きな問題をはらむグローバリズムITと地方の関係や日本の産業について、自分達に出来る事から始めています。
日本の美味しい米の生産者が適正な利益を享受し、今後も事業を継続して行ける事を願っています。

yufu farmer inekari

ミリョク発掘

2019年の1月に募集締切された、第3回内閣府RESASアプリコンテストに、「ミリョク発掘アプリ」として応募し、
数百の応募の中から8社のファイナリストに選ばれ、同年2月の内閣府での最終選考プレゼンで、最優秀、優秀、に次ぐ、HIS賞を受賞しました。
第3回RESASアプリコンテストHP

「ミリョク」とは、自分から言うものでは無く、周りが感じるものではなかろうか?
そういう観点から、ツイッター等のクチコミに注目し、人の動きのオープンデータを利用して、
大分のどこに、何をしに、どこから人々は来ているのか?を、発掘・分析するアプリです。

miryokuhakkutsu↑↑画像をクリックすると資料をご覧いただけます↑↑