イマ帝国の貧民出身のトレジャーハンター、青年エフィン
彼は世界各地で「レウメーレ」の欠片を発掘し、一攫千金を狙う探検家である。 彼自身「レウメーレ」の力を自在に操れる能力者であるが、発掘した欠片を金に替え気ままな旅をしていた。旅の途中、帝国に恨みを持つ少女イバに出会い、エフィンは 「レウメーレ」の輝きによってできた、世界の闇の存在を知り自らの、そして世界の運命を左右する決断を迫られる。


幼き頃、イマ帝国軍に両親を殺害され帝国の能力者養成施設で育てられた少女イバ。
14歳の時に施設を脱走し、以来2年間イマ帝国への復讐を誓いその力を蓄えてきた。 帝国への復讐のため「レウメーレ」の欠片を集めつつ、帝国軍施設を襲撃していた彼女は両親の仇の根源、能力者養成施設の創設者がイマ帝国元帥ノーヤス・エティーソだということを突き止める。復讐の果てに少女イバに希望はあるのか……
怒りと悲しみを抱いた少女の復讐の物語!


エイク連邦の軍人。体育会系熱血漢であり、優れたオーブ能力者でもある。
近年、対立関係にあるイマ帝国に不穏な動きが見られるため潜入調査のため帝国へ向かうことになるが、途中道に迷い各地で大暴れ!潜入が失敗に終わった彼はそのまま帝国の中枢へ単独で乗り込む!方向音痴が招いた国家戦争……
彼を止めることは誰にもできない!